健康志向のススメ

健康に関するおススメ情報を発信しています

何を食べたら「腸スッキリ」な人になれるでしょう?

f:id:hira2445:20161115195850j:plain

動物性脂肪は、腸を汚す食べもの。では、腸をスッキリきれいにする食べものとはいったい何でしょうか?

ポイントはたったの2つです。

食物繊維

ひとつは食物繊維です。食物繊維は、いわば腸の「おそうじ係」。

食物繊維は悪玉菌の増殖を抑えるほか、腸の中でカサを増し、ほかの食べカスや老廃物をからめとり、もろとも体外に連れ去ってくれるのです。腸をスッキリさせるためには、こうした「おそうじ係」の存在が欠かせません。

プロバイオティクス

もう一つのポイントは、プロバイオティクスです。プロバイオティクスとは、「宿主(自分の身体)に有益な働きをする生きた微生物」の総称です。

たとえば、乳酸菌やビフィズス菌の入ったヨーグルトや乳酸菌飲料を摂れば、善玉菌を直接、大腸に送り込むことになります。

また、納豆や味噌といった日本の発酵食品に含まれる菌は、腸の中で善玉菌に味方し、善玉菌優勢の腸内環境づくりに寄与します。

これらの「身体にいい菌」を食べることが「腸スッキリ」につながります。したがって、腸スッキリの人は、動物性脂肪は控えめで、食物繊維とプロバイオティクス食品をふんだんに摂っている人、ということになります。

そして、これらの条件をすべて満たす食が「和食」です。

ごはん(玄米がベストですが)に具だくさんのみそ汁、納豆や漬け物、野菜の煮物に魚・・・これなら食物繊維が豊富ですし、納豆などの発酵食品からはプロバイオティクスもとれます。

また和食によく登場する魚は良質なたんぱく質ですし、魚の脂は肉の脂と違って分解されやすく、おまけに腸も汚さないというメリットもあります。

食物繊維、プロバイオティクスの二大食に加え、肉より魚を頻繁に食べることも心がけてみてください。

広告を非表示にする